初デート完全攻略マニュアル

Read Article

初デートの場所を選ぶときに失敗しないための3か条

初デートの場所というと、レストラン、ショッピングセンター、映画、遊園地など、行き先は結構限られてしまいますが、場所選びの際についつい忘れてしまいがちなのが、「行ってどうするか?」ということです。

デート場所を選んだはいいけど、盛り上がらなかったということは意外と多いものです。

そこで、初デートで失敗しない場所選びの3か条をご紹介したいと思います。

74cc0cb144477826ff5cde68002c24a6_s

①会話が途切れない場所を選ぶ

初デートはお互いのことを知らないだけに、会話が途切れてしまうことがよくあります。
沈黙が続くと、気まずい思いをすることになりますし、相手に余計な気をつわせてしまうことになりかねません。

そこで、会話が弾む場所を選ぶようにしましょう。
それには趣味が共通する所に行くことです。

たとえば、2人とも映画好きなら映画館、歌うのが好きならカラオケ、本が好きなら書店といったような場所を選ぶことで、会話が途切れることはありません。

②目的がはっきりした場所を選ぶ

レストランに行く場合、普通は食事が目的ですが、デートの場合は少々異なります。
たとえば、食べたいものを決めないで、何となく入った店だと、「目的なしで食べるだけ」ということになりかねません。

その結果、話すことがなく、つまらない思いをするということがよくあります。

食事に行くなら、「○○を食べに行く」という目的をはっきりさせましょう。

ショッピングなら「買うものを決めて行く」
遊園地なら「○○に乗りに行く」

目的をはっきりさせてデート場所を選ぶと、失敗は避けられます。
でも、食事や遊園地なら別に目的なして行っても何とかなると思うかもしれませんが、そうではありません。

たとえば、同じ食事に行くにしても「パスタ」と決めておけば、事前にパスタの情報を仕入れておき、うんちくを語ることができます。
そして、別の店の情報を入手することで、今度は○○に行こう!と再デートに誘うこともできるのです。

また、遊園地の場合でも同様です。
「ジェットコースター」と決めておけば、同じように「もっとスゴイ所があるから今度行こう!」と誘うことができます。

③心がときめく場所を選ぶ

初デートにときめきはとても重要です。

例えば、ドキドキするようなアトラクションやゲームはうってつけです。

心理学には「ジェットコースター効果」という言葉があります。
これはドキドキ体験をしたときにその場にいる相手にときめくという人間心理ですが、これを利用すると、2人の感情がより高まります。

スポンサードリンク

Return Top